引越しのバイトで役立つ荷物の運び方

バイトで選んだ引越し作業で実は厳しい仕事内容で運動量と体力が関わってきます。中でもやはり荷物運びは数週間続けなければ慣れないのではないでしょうか。少しでも体力を温存して運ぶならリレー方式がありますが一人で最後まで運ぶとそれだけで無駄が生じてしまいますから複数で位置取りをして歩数幅を減らす方法などもあります。また持ち方は斜めに運ぶのがコツです。縦に持つことで重みがダイレクトに手のひらに伝わるので斜めにして重みを逃がし運搬しましょう。またこれは冷蔵庫にも言えることですが斜めに傾けることで同じようにしますが斜めなのでしっかりと持つようにしなければいけません。そして際も便利なのが台車ですが、どれくらい乗せられるかが関係してきます。また荷物を落とさない積み方も必要になってきます。どの運び方にしてもコツと言うもの関係してきますが慣れるのにそれ程時間が掛からないので引越しのバイトをするなら覚えておきましょう。

引越しバイトの始め方

引越のバイトは高収入のイメージがあり際も選ばれ易い職業だとも言えます。お給料がいいと言っても実際には過酷で続けられるかが心配の種とも言えます。ところで高収入である相場はいくらくらいなのか?時給は千円からとなり一日で一万円とやはり高額になっていて勤務時間も5時間ほど、または忙しい3月から4月なら何軒かの内容となっていて8時間からとなっています。始めるにも派遣会社に登録しておくとかなり便利で引越以外の仕事もあり気分で明日は工場などと決めることも可能です。ですが仲介手数料が発生するので差し引きで時給が安くなってしまいます。引越会社なら仲介手数料も無いですが週払いや月払いとなることが普通です。なので日払い目的なら不向きとも言えるでしょう。これらを踏まえてどちらが向いているかを考えて選ぶようにしましょう。

人材派遣で引越のアルバイト

大学生のときに生まれて初めて経験したのが、人材派遣会社に登録しての引越のバイトでした。人材派遣会社が契約している地域のいくつかの引越し屋さんに派遣され、お手伝いをするのです。面白かったのは、会社によっていろんなやり方があったことです。テレビでもコマーシャルをしているような大手ほど、決まったやり方があるのですが、細かい作業の手順が違うのです。たとえば、お皿など割れ物をダンボールに入れるときも、新聞紙で包むところと、プチプチのついたビニール、いわゆる緩衝材を惜しまず使いなさいというところに別れました。また、そのダンボールをガムテープで塞ぐ際も、十字に貼りなさいというところと、バッテンにして貼りなさいというところに別れました。冷蔵庫やタンスなどの家具も、毛布でくるんで済ますところと、家具専用の筒状になったマットを用意しているところがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です